多動力

2020年6月26日

皆さん堀江貴文さんを知っていますか?よくTwitterで過激な発言をしている、ホリエモンさんです。

過激発言の良し悪しは置いといて、ホリエモンさんの考え方は見習うべきところが今の時代あると思い、多動力をオススメしたいです。

ホリエモンさんがなぜあんなにロケットを打ち上げたり、ミュージカルをしたり、飲食店を経営したりするのかを読み解きながら、現代を自由に生きるために何が必要なのかがわかる。

皆さんしたいことをして生きたいもんですよね。

多動力を読んだ理由

まずは、ホリエモンさんについて興味があったからです。ロケット事業をしていたり、YouTubeもしていたりと、色んなことができているのはなんでなんでなんだろうと疑問に思いました。

そんな疑問を解決したくて、帯に何万の仕事を同時に動かすとあったのでこの、多動力を読めばわかるかなと思い読んで見ることにしました。

ホリエモンさんは物議を醸すことも多いですが、何か参考になるんじゃないかなとも期待感もありました。

読んでみた感想

私が思ったこと

読んでみて思ったことは、極端な発言も結構あるけど、学ぶべきところも多いなと思いました。

その中でも、目指したいなと思ったことが、自分の分身に仕事をさせるといったことでした。これは、ホリエモンさんの中では自分自身にしかできないアイデアに、他の人が共感しそれについて働くといったことらしいのですが、なかなかに難しいなと最初は思いました。

しかし、自分が作ったものが自分の知らないところで働いてくれるようになるといった解釈でいいのかなと私は思いました。

その中には、ブログやYouTubeなどの半不労所得みたいなものや、自分で考えて買った株などが与えてくれるポートフォリオ所得みたいなものと私は考えました。

この考えが正しいかはわかりませんが、これが達成できたら次々に自分は新しいことに挑戦できるなと思いやってみる価値はあると確信しています。

また、仕事を早くこなすには睡眠の質が関わっているといった内容では、睡眠について調べたことある私も同意見でした。ホリエモンさんは科学的根拠を述べて発言してはいないですが、睡眠時間を削るのは結局頭の働きを悪くし、効率が落ちるから睡眠は改めて大事だなと思いました。

さらに、恥をかいたら自由になれるといるのは、失敗しても大丈夫なんだなと思えるような気がしました。失敗は怖いと私も思っていますが悪いものじゃないですよね。そこから何を学べるかが大事になってくると私は思います。

多動力を読んだ人の感想(抜粋)

良いと思った人

私は主婦ですが、子供に遮られる達成感と葛藤する事のなんと無意味な事かと学びました。要は自分も子供と同じように夢中になれば良い。

出典元: Amazon カスタマーレビュー

批判的な人

この人の書いていることは皆同じです。どの本読んでも同じようなこと書いています。
人生に役立つことは書いていません。

出典元: Amazon カスタマーレビュー

多動力を読んで得られたこと

まず、やはり自分にはなかった考え方に触れられたのはよかったなと思います。ホリエモンさんの口調は厳しいですが、受け止め自分で考える良い機会になりました。

その中でもやはり、自分の分身に働かせるのは実践していきたいことだと思わされました。人生色んなことに挑戦してみたいので、時間を有効活用していきたいと思います。

また、恥をかくことに関しても学ぶことができたと思います。やはり恥をかくのは怖いですが、周りの人は思ったほどは気にしていないという事がわかったのでなんとか乗り越えていきたいです。

常識にとらわれない発想に出会えたのもよかったです。

多動力を読んで欲しい人

この本は、人生自由に生きたいけどなんかうまく行かない人にオススメなんじゃないかと思います。

みんなと同じような考え、同じような行動をしていたら、一般的な生活しか得られません。

自由な生活がしたいですよね。それには常識の範囲内で行動していたら、自由は得られないと思います。

そんな、常識を疑い、自分でどのような行動をすれば良いのかが多動力を読めばわかります。

ホリエモンさんの言葉は結構きついし、自分には合わないと思うこともあると思います。しかし、考え方を学べるところはあるし、頭ごなしに否定することは、そこから得られるものを捨てているのも同然です。

合わなかったら、合わないなりにそこから学べることはあります。

多動力を読んで、行動しましょう。